テナントの定期借地借家契約のメリット

テナントの定期借地借家契約のメリット

テナントとして不動産を賃貸するときに、定期借地借家契約という契約をする場合もあります。この定期借地借家契約というのは、不動産を賃貸する期間が不動産契約を開始する時点で決まっている契約のことを意味します。普通の賃貸借契約であれば契約の更新が可能ですが、定期借地借家契約の場合には、その更新というのがありません。

こういった定期借地借家契約をするときのテナントとしてのメリットとして、賃料が一定だということがあります。普通の不動産契約の場合、不動産オーナーから、賃料の値上げを言われるということも、マーケットの変動によってはあり得る話です。しかし、定期借地借家契約であれば、賃料の値上げの危険性がないというのが、一番のメリットと言えるでしょう。

 

不動産投資の今とむかしの違い

テナントとして不動産を賃貸するときに、定期借地借家契約という契約をする場合もあります。この定期借地借家契約というのは、不動産を賃貸する期間が不動産契約を開始する時点で決まっている契約のことを意味します。普通の賃貸借契約であれば契約の更新が可能ですが、定期借地借家契約の場合には、その更新というのがありません。

こういった定期借地借家契約をするときのテナントとしてのメリットとして、賃料が一定だということがあります。普通の不動産契約の場合、不動産オーナーから、賃料の値上げを言われるということも、マーケットの変動によってはあり得る話です。しかし、定期借地借家契約であれば、賃料の値上げの危険性がないというのが、一番のメリットと言えるでしょう。

Calendar