任意売却は経験豊富な業者に依頼を

任意売却は経験豊富な業者に依頼を

任意売却はどんな業者に依頼するのがいいのでしょうか?

法律的には、任意売却はどんな不動産業者でも請け負うことが可能です。任意売却をするための専用の資格などが必要とされるわけではありません。

しかし、不動産業者によって、専門分野というのは異なります。

特に、任意売却は金融機関との交渉をする必要がある特殊な業務となりますから、高い専門性が要求されます。

不動産を売却する能力が高ければいいというような簡単な業務では無いのです。

また、返済に悩んでいる依頼者の心情に細やかな配慮ができるようになるためには相当な経験が必要となります。

ということで、任意売却を業者に依頼する際は、任意売却を専門として長く続けてきた業者を選ぶようにしましょう。

任意売却と代位弁済について

任意売却について、もしも住宅ローンの返済が滞ってしまい、何ヶ月も滞納してしまったら、どうなるのでしょうか。任意売却をしないでいると、債務者に代わって保証会社が債権者である金融機関に一括で残りのローンを支払ってくれます。このことを代位弁済と言います。代位弁済をおこなうと、今度は債権者が金融機関からその保証会社に変わり、マイホームを購入したときに加入した団体信用生命保険の契約解除が余儀なくされます。そして代位弁済の通知が届きます。その後は通常、一括返済にしか応じてくれなくなります。ですから通知が届いたら、早期に任意売却を行うことが大事です。任意売却は競売のように黙っていても誰かがしてくれるわけではありません。代位弁済の通知をひとつの区切りとして任意売却を決断するケースもあります。

 

Calendar