任意売却を決めてすっきりした。

任意売却を決めてすっきりした。

私が任意売却を決めたのは住宅ローンを払えなくなり、借金もかすみ唯一の財産と言える

不動産を売らなくてはにっちもさっちも行かなくなってしまったと思ったからです。この原因は夫のギャンブルにあります。そのことで本当に悲しくなりましたし非常に気に入っていた家を任意売却で手放すのはショックで寝込んでしまいました。

でも競売よりは良かったので任意売却を教えてくれた司法書士の友人には感謝したいと思いいます。

気持ちもすっかり暗くなってしまい、友人からも「ふけた」と言われてしまいましたが任意売却で思ったより家に価値がついて今後の返済も楽になりましたのでこれからは前も見つめて頑張って生きたいと思っています。

任意売却で売ってしまった家のような立派な家は無理かもしれないけど

一生懸命働いてもし出来たらまたマイホームを持ちたいです。

任意売却で買い手が見つからないとき

任意売却をしようとしても、買い手が見つからないことがあります。

買い手が最後まで見つからなければ、結局、住宅は競売にかけられることになってしまいます。

 

競売を避けたいならば、なぜ、任意売却で買い手がつかないのかをよく分析しないといけません。

よくある理由としては、販売価格が適切ではないということがあります。

その場合の対処法としては、当たり前ですが、販売価格を下げるのがいいでしょう。

任意売却後も住宅ローンの返済を続けないといけない状況で、販売価格を下げるのは受け入れ難いかもしれませんが、競売になるよりは高く売れるのだからと納得しましょう。
他の理由としては、任意売却業者の広告の出し方がよくないということも考えられます。

任意売却業者ともよく相談し、必要なら、広告の出し方を見なおしてもらいましょう。

 

Calendar