任意売却時で不利な点

任意売却時で不利な点

住宅ローンを払えなくなり家を手放す時、任意売却を行えば競売と比べて高く売れる事も多くメリットも多いものですが、当然ながら物事にはメリットがあればデメリットもあります。

3か月以上の家賃滞納はブラックリスト入りするので、任意売却する事がブラックリスト入りではありません、任意売却で無く競売でもブラックリストになります。

連帯債務者・連帯保証人等がいるなら売却同意が必要で、保証人が見つからず、同意を得られない時は競売で行く他ありません。

売買価格と債権者の求める金額に折り合いがつかない時、債権者は任意売却による処分を断ります、確実に任意売却で終了する保障というのはありません。

デメリット部分も任意売却業者から説明を受けた上で行いましょう。

 

任意売却のマンションと一戸建て

住居系の不動産と言えばマンションと一戸建てが存在しています。

どちらもお値段としてはそれほど大きな差がないわけです。

不動産は庭がなかったりしますが、立地的に条件が良いところが多くその部の値段が高いこともあるほどです。

 

そういった住宅系不動産を購入するために、住宅ローンを利用することは珍しい事ではありません。

住宅ローンを利用するということですが、怖いのが返済ができなくなってしまった時です。その時には住宅を手放さなければいけません。手放す時に用いるのがお勧めなのが、任意売却です。

任意売却ですが、一般の不動産売却とほぼ同じです。市場価格に近い価格で不動産を売却できるのが任意売却です。
その任意売却ですが、マンションでもできるのかと思っている方もいます。確かに、任意売却は一戸建ての印象が強いかもしれません。

しかし、マンションでも問題なく任意売却は可能です。

安心して利用してはいかがでしょうか。
ちなみに任意売却の統計では、一戸建て物件よりもマンション物件のほうが多いということも言われています。

 

Calendar