任意売却での金融機関との信頼関係

任意売却での金融機関との信頼関係

競売と任意売却では残債の額が違うという以外にも、引越し時期を調整できるかどうか、今後の返済を長期の分割払いにしてもらえるかどうかといった違いがあります。
競売にしても任意売却にしても家を売って、任意売却金や落札金を返済にあてているという仕組みは同じなのに、どうしてこうも違うのでしょうか。

その答えは、金融機関との信頼関係にあります。

金融機関といっても担当者は人間ですから、督促状や催告書を送っているのに無視され続ければ、やはりいい気持ちはしないわけです。

態度の悪い人間の引越しや今後の返済について、柔軟に対応しようという気にはなれないのも当然のことです。
任意売却した後も返済は続きますから、任意売却の手続き中は金融機関との信頼関係を大事にするように気をつけましょう。

任意売却の物件があった際に情報をご連絡します

任意売却を依頼される方の中には、今はお金が無いので自分の家を任意売却する必要がありますが、1年以内には自分の家を再度買うだけのお金をなんとか確保できるというような方もいます。

先で、再度買うということで、少しの間だけ不動産の所有者になっていただきたいというような方があります。 

そのような方にお金を出してくれるような投資家を探しております。登録を行っていただくと、任意売却の物件があった際に情報をご連絡します。

ご連絡する任意売却の情報をよく検討していただいて、投資を行うのかどうかを決定していただければ結構です。

依頼された全ての任意売却の案件が売買可能ということにはならないかもしれませんが、売買可能な場合には間違いなく利益が出ます。

Calendar