競売決定通知が来ても保証人への影響はあります

保証人への影響

一般的に住宅ローンを滞納し続け対策も立てないと、競売へ向かうことになります。

競売も絶対悪いというわけではありませんが、デメリットが多いことも確かです。

そのデメリットが多いということですが、実際多くの方が競売しかないとあきらめてしまうのが競売決定通知の到着です。

そちらが届くともうそこからは任意売却をすることも不可能だと思ってしまいます。
しかし、まだあきらめなくても大丈夫です。

実は競売決定通知が届いてからでも任意売却ができた例は多くあります。
ただし、そのためには良い任意売却業者に頼まなければいけません、任意売却に特化して会社にお任せすることで、その通知が届いてからでもしっかりと対策が立てられるというわけです。

任意売却への希望を競売決定通知が来ても持ち続けましょう。

 

任意売却を選んだお客様の声

任意売却を選んだお客様の声についてご紹介しましょう。

他の業者に自己破産と競売をすすめられていたそうです。

しかし、任意売却という選択肢があることをアドバイスいただきました。

任意売却を選択することで、債務整理で済みました。

住宅ローンを離婚した元の夫が滞納していて、その連帯保証人に自分がなっていたそうです。

住宅ローンの任意売却や滞納では、自己破産することが必要ないということがわかりました。

相談を早めに行ったため、任意売却を行った後の処理もできました。

住宅ローンの返済の滞納で、これからどうしたらいいのかわからなかったそうです。

任意売却について説明を分かりやすく行ってもらって、非常にいい時期に不動産を売却することができました。

 

Calendar