任意売却の開始手続きとは

任意売却の開始手続きとは

任意売却の開始手続きの方法について書いていきます。

 ここでは、住宅支援機構を使用した場合の任意売却手続きを挙げていきます。まずは、任意売却に関する申出書を提出し、債権者である住宅支援機構に対して任意売却を実施することに関して承諾を得る必要があります。この際に、仲介業者を選定する必要があります。

 次に、仲介業者が、物件の作業調査や価格査定を行い、任意売却物件に関する価格査定書を提出します。その売出価格を住宅支援機構が確認して、その価格が許可できるものであれば売却準備を進めることができるようです。また、この時、業者との間で専任媒介契約の締結が必要となってきます。(通常の仲介であれば、多数の業者が販売活動を行う一般媒介も選択可能)

 以上の2つの手続きが終わった後、業者を通して、任意売却物件の販売活動を行うことができます。

 

任意売却を考えています

念願だったマイホームを手に入れたはいいのですが給料とボーナスの削減で住宅ローンの返済が難しくなっていました。返済を滞納するといずれ債権者によって競売にかけられてしまうということで考えていかなければならないと思いました。

競売にかけられる前に任意売却をすればいいという話を聞いたので少し調べてみました。任意売却は債務者の許可を取って売却を行なう手続きです。任意売却のことは素人ではなかなか理解ができないと思われますので専門の業者に相談をしてみるといいでしょう。

また任意売却後の残債のことで不安であっても解決の糸口を教えてくれます。任意売却のことで悩んでいるならば専門の業者に相談して解決に一歩踏み出してください。

Calendar