葬儀社を利用するにあたっての準備

葬儀社を利用するにあたっての準備

親族の方でお別れが近いかもしれないという場合は、早めに葬儀の準備をしておきましょう。人によっては不愉快だと感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、しかし現実をしっかりと考えておく事も重要です。  葬儀を執り行うにあたっては、葬儀社を利用されると思います。葬儀社の方々からしても、早めにそういった話を聞いておけば、急に準備をするよりもしっかりと準備ができますので、安定感が増します。  また依頼する側からしても、早めに葬儀社を決めておけば慌ててしまう事もなく、亡くなられた方にとって最善の葬儀を執り行える可能性も高くなります。  それから費用の面でも、事前にどの位かかるかというのを聞いておく事は極めて重要ですので、いくつかの葬儀社に見積もって頂く事も事前にしましょう。

 

年末年始に亡くなってしまった場合の葬儀

人の死と葬儀はいつでも訪れる可能性があります。 それは年末年始であっても例外ではありません。 もしも年末に亡くなってしまった場合、すぐに葬儀を行うのは難しいです。 まず火葬場が年末年始は休みの場合がほとんどです。 葬儀は休みが明けてからになります。 なので、火葬場の休みが明けるまでは遺体は自宅か葬儀屋に保管することになります。 季節が冬とはいえ、暖房がかかっている状態で数日置いておくことは腐敗が心配です。 ドライアイスを利用し、かつご遺体を安置している場所では極力暖房は入れない方がよいでしょう。 火葬場が休みであっても、役所では時間外窓口がありますので、火葬埋葬許可証はもらうことができます。 火葬場が休み明けは込み合う事もあるので、葬儀屋さんと段取りについてはきちんと確認しておきましょう。

Calendar